クレジットカード現金化の方法ごとのメリットやデメリット等について

ショッピング枠で購入した商品を換金することを、クレジットカード現金化といいます。

方法の1つは、現金化業者の指定した商品をショッピング枠で購入し、その業者に売却して現金を得るというものです。

業者に依頼すると手数料が別途かかり最終的な換元率が70~80%程度になります。

例えば還元率が80%で購入金額が5万円の商品を業者が指定し、業者に売却すると4万円の現金を受け取られます。

優良な業者では即日で現金が受け取れるので、お金が必要な人にとって重宝します。

しかし、後でカード会社に5万円返済する義務があるので1万円の借金が増えることになります。

また、カード会社への支払いを一括ではなく分割払いにすると、カード会社への手数料が発生します。

そして中には悪徳業者も存在し、指定の商品を業者に売却しても現金が得られなかったり必要以上に個人情報を聞き出されて情報が流出したりする場合もあります。

一方、自分で現金化を行うと、悪徳業者にあたらないという点では安全です。

ショッピング枠で購入した商品を買い取り店など売りに行って現金を得るという方法です。

ただし、還元率の高い商品を購入して買取価格の高い店に持ち込まなければ、定価の50%以下の買取価格になることも少なくないのでマメな情報収集が必要です。

また、自分でクレジットカード現金化を行う場合は、カード利用停止になる可能性が高いです。

カード会社では転売目的のショッピング枠利用を見抜く技術が向上しているので、自分で現金化する場合にはよく知識を得たうえで行うことが大切です。

時間や労力をかけたくない方は確実に現金化業者をオススメします:ネオギフトの口コミはこちら


タグ :