ふるさと納税ってよく聞くけど何?結局、税金を余計に納めるんじゃないのって

思っている方も多いのでは?

そこで、ここではふるさと納税の仕組み、基本をご紹介します。

【ふるさと納税とは?】

ふるさと納税とは、自分の生まれ故郷だけでなく、

お世話になった地域や応援したい地方など、

好きな自治体に寄付金(納税)することができるのが特徴です。

納税となってますが、実際は寄付と同じです。

寄付することで、寄付した自治体から特産品などの返礼品がもらえます

寄付は決められた上限額の範囲内であれば、実質負担が2,000円で済みます。

その返礼品がいろいろあり負担額以上の品が届くというので

人気があるのです。

【ふるさと納税のやり方】

●まず最初に、自分の寄付できる上限を知る

寄付上限額を調べるには、ふるさと納税サイトでシュミレーションをすれば簡単です。

給与所得、住宅ローン控除、医療費控除、家族構成によっても金額が変わるので

注意しましょう。

●つぎに、寄付する自治体を選ぶ

返礼品が気になるところ、災害復興に役立てたいなどいろいろな地域が選べます。

●自治体が決まると、寄付金を支払う

ここで、利用サイトによって、サラリーマンなど確定申告したくなければ、

申込み時にワンストップ特例制度を利用できます。

●返礼品・受領書が届く

届いた受領書をもとに確定申告を行ったり、

確定申告しない場合はワンストップ特例申請書を提出。

●翌年度に税金の還付

という流れになります。

実際、やってみると面倒と思っていた確定申告なども

ワンストップ特例制度を使うことで税務署に行かずにすむため、

ネットの買い物と同じような感じです。

ここでは参考になるふるさと納税を掲載してますので、

ぜひ活用してみてください。

 

       

カテゴリー